歯ぎしり

こんにちは、今日は歯ぎしりや食いしばりについてのお話です。

ついついストレスが溜まっていると食いしばってしまったり、歯ぎしりをしてしまう瞬間ってありませんか?

歯ぎしりや食いしばりは寝ている間だけでなく起きている間にも癖で習慣的に行われている方もお見えです。

自分ではどうしても止められなかったり、寝てる間は無意識なので特に困難ですね。。。

歯ぎしりを繰り返していると、

・ 歯の咬み合う面がすり減る(咬耗)

・歯肉退縮

・知覚過敏を進行させる

・顎関節症のリスクを高める

・頭痛や肩こり

など様々な症状を引き起こしてしまうのです。

↓こちらのお写真のように歯がすり減ってしまっている方も多いです。↓

歯のすり減りや顎関節の負担を減らすために保険診療でナイトガード(夜間使用する厚めのマウスピース)を作成することができます。

他に当院ではボツリヌストキシン注射による治療も行っております。

こちらは自費診療となりますが、歯ぎしりの原因でもある咬筋の過剰な収縮を押さえることが出来ます。

当院ドクター、スタッフをこちらを受け実際に効果を実感しております☆

インスタグラムの方でも症例写真を掲載しておりますので是非ご参考にして下さい。(@aoi_dental_seishokai)

矯正治療、審美治療以外もご相談下さいね。

ご予約お待ちしております!

.葵デンタルデザインオフィス tel:052-982-8900.名古屋 栄 泉 新栄  伏見 中区 東区 千種区 地下鉄東山線沿線の矯正歯科は葵デンタルデザインオフィスへ地下鉄東山線新栄駅から徒歩1分 栄駅より20分 AoiCafe2F住所:〒461-0004名古屋市東区葵1-17-14 エルブ葵2F

TEL:052-982-8900

E-mail:aoidentaldesign@gmail.com

Instaglam:https://www.instagram.com/aoi.dental/#aoi.dentalLINE FACEBOOKからもご連絡頂けます

関連記事

  1. インビザラインとクリアブラケットの併用するメリット

  2. 矯正治療後の保定

  3. 当院から大切なお知らせです

  4. ☆ハーフリンガル(裏側矯正)症例☆

  5. 歯並びが良くなるとこんなに笑顔が変わります②

PAGE TOP
single