インビザライン・クリンチェック

今日はインビザラインの治療工程のクリンチェックについてお話しします。

インビザライン治療は患者様ひとりひとりオーダーメイドのマウスピースを用いて矯正を行っていくシステムです。

個別のマウスピースを製作するのにiTero(光学印象)でデータを採ります。

その後パソコンにてシュミレーションを製作し、何枚のマウスピースを使用するか、最終的な仕上がりの予想やアタッチメントのつく箇所、どこに隙間を作るか等を患者様にも確認して頂きます。

歯の表面にピンク色でついている物がアタッチメントというもので実際には白いプラスチックでつけていくためこのような色の物がつくことはございません。

その後マウスピースが製造されるという流れになっておりますので1ヶ月ほどお時間を頂いております。

矯正治療カウンセリング時に実際にどのようなものか見て頂いております☆

是非気になられた方はご相談にいらして下さい!

関連記事

  1. 美の定義、E-line

  2. ☆ハーフリンガル(裏側矯正)症例☆

  3. LINE@始めました!

  4. 八重歯の改善、治療経過です!

  5. マスクで口元が目立たない時期に矯正治療始めませんか??

  6. 矯正治療の流れについて

PAGE TOP
single